ログハウス,輸入住宅 ログハウス,田舎暮らし レンガ倉庫,フィンランド
 文化交流(北欧フィンランド)支援活動について
ログハウスホーム会社概要>文化交流支援活動

フィンランドで永田英司画伯の日本画展覧会が行われました。

公私ともにお世話になっている永田氏より、フィンランドでの個展を開きたいとの意向を伺い、
半年以上前から計画し、無事開催されました。    

フィンランドの新聞数誌に掲載されました。(2004年6月3日)

要訳:永田英司の日本画展が、6月の1ヶ月間ウッコ国立公園で開催される。
「フィンランドの人々に光を持って行きたい。自然を描くことは私にとってとても自然なことで、
日本とフィンランドの自然に違いはあるが、共通性もある。」と、永田氏は語る。
館長のラッセデポニ氏ーは、オープニング会場で次のように述べた。
「この展示会は、国際的な交流にもつながり、会場と作品にはとても良い調和と良好な雰囲気に満ちている。」

永田氏は仏教の僧侶で、20数年東京都美術館「東方展」にて日本画を発表している。
その画材は「岩」や「貝」でできた絵の具で、手作りの和紙か絹に、里芋や樹木など、大地に根ざしたものに感謝をこめて描いている。
メインの作品はとても大きく、4枚のふすまの大きさに描かれた桜の古木「臥龍桜」である。
そのほか、彼が去年フィンランドで描いた、ブルーベリー・ウッコ湖などのスケッチがある。
彼の絵は、自然の力を感じることで、生きる希望を人々に与えることだろう。

支援した主な項目は次の通りです。

1.フィンランドでの展示場の調査・確保。
2.日本国内の関連省庁・企業・外務省・大使館等々への説明資料の作成。
3.フィンランド関連団体等への説明資料のフィンランド語訳。
4.大型絵画(500号)を含む展示物の梱包・配送手配。
5.上記展示物の通関補助。 など

フィンランドとの文化交流等をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。

© 2002-2014 スオミ設計  お問い合わせ  Mail web@piia-log.com
〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-24-7ソワリヴィエール スオミ